1. ホーム
  2. ぎっくり腰対応
  3. ≫だんご虫の格好での寝方がぎっくり腰を乗り切る秘訣!クッションや座布団も良い(ゆかりさん)

だんご虫の格好での寝方がぎっくり腰を乗り切る秘訣!クッションや座布団も良い(ゆかりさん)

ぎっくり腰、私も結構やってしまうので、その辛さはよく分かります。
私の場合は、ぎっくり腰をやってしまった時には仰向けではなく、横向きになった状態で膝や関節を曲げて少し丸まった状態になって寝ます。ちょうどダンゴ虫とかカブトムシの幼虫みたいな格好といえば分かっていただけるでしょうか?その状態をもう少し緩くした感じを想象していただけると良いかと思います。

また、それでも痛みを感じる時にはその状態で足の間にクッションや座布団を挟むと更にラクになり、痛みが和らぎます。その際には自分で痛みが軽減されるポジションがあるので、一番ラクに感じる位置にクッションや座布団を挟むのがポイントです。

寝返りについては、むやみやたらに腰を捻って寝返りを打つことは避けなければなりません。そんなことをしたら折角いくらか腰の痛みが軽減されてきていても、また直ぐに腰を痛めてしまいます。私の場合は腰に手を当てて固定しながらそのまま、腰を捻らないように寝返りを打つようにしています。上半身をいったん仰向けにしてから反対側に寝返りを打つのです。仰向けになる時には膝は曲げたままの方が腰に負担が掛からず、痛めることもなく寝返りを打つことが出来るのでオススメです。

※ゆかりさん44歳のぎっくり腰体験談でした。
辛いぎっくり腰の対応策として以下もぜひお読みください。
ぎっくり腰になった時の寝方と、寝返りの辛さを軽減するおすすめマットレス