1. ホーム
  2. おすすめ商品
  3. ≫スリープマジックの寝心地や腰痛対策は?実際の感想や最安値情報を調べた!

スリープマジックの寝心地や腰痛対策は?実際の感想や最安値情報を調べた!

スリープマジック公式サイト
販売店舗ページへ

腰痛対策の為には
・高反発
・体圧分散
などのキーワードがものすごく重要になってくるわけですが、
その意味で腰痛にもいいのでは?とされる商品の1つがスリープマジックです。

今回、我が家でもスリープマジックを取り寄せ、実勢に寝てみてその感想等をまとめてみました。購入を検討中の方の参考になれば幸いです!

そもそもスリープマジックってどういう商品??

ライズTOKYOという会社から出ている高反発マットレスで、
あの高橋尚子さんが開発アドバイザーを務めています。

疲れや腰痛と身近な長距離ランナーであるQちゃんが納得する商品であるならば、
それだけも購入の価値がありそうな気がしてしまいますね。

但し、それよりも心地よい睡眠、睡眠の質、をフォーカスした商品性なので、
腰痛云々は二次的なもの、という印象もHPから受けます。

寝姿勢を整えて、睡眠の質を向上させるマットレス

スリープマジックが目指しているのはまさに「睡眠の質」であり、それを追求した結果として高反発に行きついています。
一般的に「寝心地が良い」と言われるのは、眠りに付くまでのふかふかの寝具にやさしく包まれるような感覚のことを指すと思われます。
ですが寝たあとのことはどうでしょうか、、、ここが本来一番大事なんです。

眠りに落ちたあとは寝返りを無意識的に行いますが、これは血流を良くしたり疲労回復の意味でもものすごく大事なんですね。
平均すると一晩で30回は寝返りを打つのが普通らしいです。
でも柔らかすぎる寝具では体が沈みすぎて同じ姿勢が続きやすく、結果として腰などへの負担に繋がってしまうので実はよろしくないんですね。
つまり、「良い値心地=高い睡眠の質」とは言い切れないってことです。

この発想からいかに質の高い高反発マットレスを作るか、
ということで出来たのがスリープマジックと考えて間違いないでしょう。

デザインカットされた表面が凄い!

スリープマジックの表面は硬質ウレタンをデザインカットされており、このようにウェーブ形状になっています。
これは他のマットレスではなかなか見ないタイプですが、身体のラインに沿ったラインで支え、体圧を分散してくれているんですね。
反発力はあるものの、体との接地面は柔らなくて滑らかな感じを受けます。

これは当サイトでもおすすめとして紹介している
・モットン
・雲のやすらぎ
とはまた違った感覚であるのは間違いありません。

そして平坦な表面ではないため、通気性がもう半端なく良いです。
表面のラインの溝を湿気が通りやすいですし、マットレス下部にも通気スリットがあるのでWで湿気発散効果があるわけです。

また特に夏の時期なんかは表面にベタっと体が接地している感覚ではないので、
暑苦しさも若干ですが軽減されているような感じを受けます。

実際に寝てみた感想など

まず、反発力は130N(ニュートン)とのことなんですが、寝てみるとそれよりも明らかに硬めな感覚を受けます。
私はモットンも使っていますがこれは140ニュートンです。
ですが感覚だけで言えばそれよりも高い反発力、硬さを感じますね。
これは前述した表面のウェーブ形状によるものではないかと思います。

正直、これだけ硬いと腰が痛くなるのでは?と思いましたが、硬いのではなく反発力が強いという商品なので「単に硬い」とは全然違います。
当然のことながら、腰や背中付近への負担は全くかかっている感覚がありません。
そしてウェーブ形状だからだと思いますが、体圧分散されている感が他のどんなマットレスよりも実感できました。

で、スリープマジックで数日寝てみた感想なんですが、
長時間寝ても腰痛が発生しませんでしたしぐっすり眠れて調子は普通に良いです。
ちゃんと研究されて作られた商品ですし、まぁ期待通りの結果と言って間違いないでしょう。

そしてポイントはやっぱり「硬い感覚」が好きか、嫌いか、だと思います。
スリープマジックは沈み込む感じがあまりありません。
横になってみても、マットレスの上に立っても、です。

ライズTOKYO社では、立っている時と同じ背骨ラインが理想の寝姿勢、ということでこの反発力にしているのでしょう。
仰向けでも横向きでもホントにその状態がキープされます。

私が一部他の方のサイトで読んだものとしては、
寝返りを打って横になった時にもう少し腰が沈んだほうがいいのでは?という意見。
確かにそれも一理あるとは思いました。
実際、モットンや雲のやすらぎでは高反発と言えどちょっと沈みますからね。

なので結論を言うと、
腰に負担がなく、寝やすい、、、
でも気持ち硬めが好き!という方に向いたマットレス!

となるかと思いますね!

管理、メンテナンスは間違いなく一番楽!!

高反発マットレスでは三つ折りができない、もしくは出来てもちょっと面倒、というものがほとんどです。
ですがスリープマジックは最初から切れ目が入っていますし、
何なら三つ折り状態で家に届きますからね!
これなら簡単に押し入れ等への収納もできます。
こんな感じです。

そしてもう1点、部屋内で立てかけるのも簡単です。
こういう厚みのあるマットレスは部屋干しで湿気を常に逃がしてあげることが長持ちの基本なんですが、
丸みがなくしっかりした長方形に近い形状なので簡単に床の上に立ちます。

しかも三つ折りの切れ目が入っているのでそこで角度を付けることで
更に立たせやすくなるんですよね。

モットンと雲のやすらぎは壁に立てかけないとダメなんですが、
スリープマジックは完全にこれだけで一人で立ってくれていい感じです。

最後に清潔性という観点なんですが、この点でもスリープマジックは優れていますね。
まずカバー自体がメッシュで吸水速乾加工されています。
このカバーのおかげで肌との接地面は全くもって快適です。

正直言って梅雨のじめっとした季節だとこの手の商品は若干の湿り感が気になる場合もあるのですが、
スリープマジックに関してはそれが全くないんですよね。

またカバーはL字ファスナーで簡単に開いて取り外しができるで着脱がめっちゃ楽です。
布団でカバーの付け外しが面倒がこともありますが思った以上に簡単。
そしてそのまま洗濯するだけなのでこの辺のメンテ、お手入れのしやすさは最上級レベルです。

サイズをお値段、最安値販売店はある?

現在、スリープマジックは以下の3つのサイズで展開されています。
値段に関しては安くもありませんが高くもない、平均的でしょうか。
ただより良い睡眠を手に入れられるなら長い目で見ると別に高くはありません。

サイズ横縦重さ価格(税別)
シングル横 100×縦 200cm約6.9kg39,900円
セミダブル横 120×縦 200cm約9.0kg49,900円
ダブル横 140×縦 200cm約10.7kg59,900円

※送料及び代引き手数料はサイズ関係なく全て無料

で、このメーカー価格よりも安い販売店や最安値ショップはあるのか?
ということなんですが、調べてもそういったお店はなかったです。

売っているのもライズTOKYO社の公式HP上のみ、のようですし、
どこかで買って得をする、損をする、ということはないでしょう。
そういう意味では公平性が失われずに良いな~とは思います。

※一体、何年くらい持つ商品なのか?

さっき「長い目で見ると別に高くはありません」と言いましたが、
具体的には10年くらいの耐久性があってそれくらいは持つ、と思ってもいいようです。

というのも、商品企画の段階でJIS規格に基づいた8万回もの圧縮ひずみ試験を行っており、結果としてかなり品質が良い(へたれにくい)マットレスである!という結論に至っています。

あとは感覚的な話で申し分けないのですが、実際にこのマットレスを触っているとヘタレはそうないな!というのが何となくわかります。かなりしっかりした作りですし、ウレタンの密度も高い感じが伝わるんですよね!

厚さが4センチ、8センチのタイプもあるよ!

私が使っているものは厚さが12センチですし、上記でまとめた価格も12センチタイプのものになります。
ですがそれ以外に厚み4センチ、8センチのものもあり、それだともう少し安く購入することができるんですね。
8センチだとちょうど1万円ずつ安くなる感じです。

ですが薄いと底付き感が出る恐れがありますし、
個人的には12センチか8センチのタイプをおすすめしたいと思います。
実際、厚みによってネーミングが違っていますので、これからも機能的な差があることが伺い知れると思います。

  • 12センチ:極厚プレミアムマットレスブロック
  • 8センチ:敷布団兼用マットレスブロック
  • 4センチ:マットレスパッドブロック

4センチのものなんて、もはや「マットレスパッド」ですからね。正直、それ単体でマットレスと使うというよりかは、既存のマットレスの上に置いて寝るのかな?という感じがします。そういう用途で使うなら良いですが、普通はやっぱり8センチ、12センチが良いのではないでしょうか。

スリープマジック公式サイト
販売店舗ページへ