1. ホーム
  2. ぎっくり腰対応
  3. ≫くしゃみ1つでぎっくり腰に!条件付きだがうつぶせが楽だった(さくらさん)

くしゃみ1つでぎっくり腰に!条件付きだがうつぶせが楽だった(さくらさん)

私がぎっくり腰になったのは31歳の頃でした。元々慢性的な腰痛持ちでしたがぎっくり腰はその時まで生涯一度も経験はしたことありませんでした。まぁ~その衝撃たるや..

別に格段変わったこともなく、普通に夜ご飯の後、歯磨きをしてる途中でクシャミをしたんです、瞬間後ろの方で「ピキッ!」と音がしました、その時は腰も痛くなく普通に歩いて部屋に戻り椅子に座りました。そして10分後、さあそろそろ寝ようかなと椅子から立ち上がろうとした際「あれっ?身体が動かない…?」なんとか身体をよじった瞬間!「痛ぇーー!!」…魔女の一撃とはよく言ったものです…これがぎっくり腰かと思い、もうそれはそれはゆっくりと這いつくばりながらベッドへたどり着きました。

仰向けに寝ると腰に負荷が掛かりジンジンとした痛みが波のように襲いかかってきますから仰向けで寝るのはツラいです。私の場合はうつぶせだと大分楽でした(動かなければ…)。時々そっーと横に向きを変えながら一晩耐えたところなんとかゆっくりながらも身体を起こして歩けるくらいに治りました。
私の場合は程度が軽かったので一晩で治ったと思いますがこれが重症で何日も続く程のものとなると正直ゾッとします。

最後に動けない時に何が一番辛かったのかと思い出すとトイレですね…もう尿意と腰の痛みの狭間で苦しんだのは本当に辛かったです。私はそれ以来いつ動けない時が来てもいい用に大人用の紙おむつを1セット家に置いております(幸いにもまだ使う機会はありませんが)。

※さくらさん37歳のぎっくり腰体験談でした。
辛いぎっくり腰の対応策として以下もぜひお読みください。
ぎっくり腰になった時の寝方と、寝返りの辛さを軽減するおすすめマットレス