1. ホーム
  2. おすすめ商品
  3. ≫モットンの具体的な返品・返金方法と抑えるべき3つのポイント

モットンの具体的な返品・返金方法と抑えるべき3つのポイント

モットンは使用後でも返金できるこの業界でも超貴重な存在です。
実際にマットレスを使ってみて自分に合わなくても返品・返金が可能なため、
当サイトでもまず一番に試してみて欲しい商品をしておすすめしているわけですが・・・

ややわかりにくい部分もあるようなので、
もし購入を検討されているようなこのページを読んで一応頭で理解しておくことをおすすめします。

ポイント1:返金可能期間を正しく知る
ポイント2:保証書は絶対に保管しておく
ポイント3:カバーもちゃんと取っておくこと!
最後に:実際の返金の流れをイメージ

ポイント1:返金可能期間を正しく知る

この部分が一番大事なので最初に解説しておきたいのですが、「90日間返金保証」と言っても買って90日以内なら、ということではありません。
「必ず90日実際に使用してみて」が絶対条件なんです。
で、その結果ダメなら90日経過後の2週間以内に返品してください、ということになります。

ここに関しては誤解が生じる可能性があると思うので、もっとわかりやすくはっきりと書くべき!と思いますけどね。

ではなんで90日使ってくださいってことなのか?って話なんですが、
それはやっぱり商品の良さを実感、つまりは腰痛の改善を実感するにはそれくらいの時間は要するためです。
それに体になじむための期間も少しあったほうがいいですよね。
そういうのを総合的に判断して90日=3か月、という設定がなされているわけです。

モットンもシングルで約3万円と、この手の商品としては高くはないけど安くもありません。
もし自分に合わない時に、まぁいいっか!と割り切れる金額でもないと思います。
なのでこの90日間とその後の2週間をちゃんとカレンダーにメモしておくといいでしょうね。

例えばモットンが6月1日に家に到着したら、そこから90日間なので8/29がそのXデーです。
その日までに返金するかどうかをちゃんと決めておくようにしましょうね。
3ヶ月ってけっこう先なのでこういう工夫をしないとまず忘れてしまいます。

ポイント2:保証書は絶対に保管しておく

モットンも家電製品と同じく、保証書を保存しておくことが返品の絶対条件になります。

保証書ってついつい捨ててしまうこともありますし、
捨てないにしてもどこかに紛れることも多々あると思います。
こうなると返品・返金の可能性は完全に断たれます。

アドバイスするなら、ポイント1で述べたカレンダーの裏にでも貼っておきましょう。
これでほぼ絶対に保証書を無くすことはありません。

ネットショップ、オークションは絶対に利用しない!

モットンの場合、品質や保証に関して以下のように述べています。

近年、ネットオークションや他ネットショップ等で類似製品が増えております。これらのサイトで購入された商品につきましては、当社が提供する正規商品の品質をお約束いたしかねます。
安心してお使いいただけるように、公式ショップでお求めください。

類似品や偽物かどうかはわかりませんが、確かにモットンはネットショップでも目にします。ですがこの文章を読む限りは公式ショップ以外は全てリスキーとも取れますよね。保証書すら入っているか怪しいですし、仮に入っていてもそれで保証が受けられるかは更に怪しいです。

もしモットンに返金を求めても、その商品はあなたに売ったものではありません!ということになれば万事休すですし、返金・返品の安心まで欲しいなら絶対にネットショップ、オークションでは買ってはいけませんよ!

※このように大手のヤフーショッピングでもモットンの販売を目にしますが、返金について書かれているところはかなり少ないかもしれません。

ポイント3:カバーもちゃんと取っておくこと!

モットンではカバーが着脱可能なので、自分で購入したカバーを使いたい!という方もいると思います。
確かにそれはそれで問題ないんですが、返品の際には標準で付いてくるカバーも必要になるので絶対に捨てないようにしておきましょう。

まぁカバーが無いから返金ダメです~っていう例は聞いたこともありませんし、モットンさんなら融通の利いた対応をしてくれる期待もできます。
ですがカバー含めての返品が条件ですので保存しておきましょうね。
どうしても肌に合わない場合を除き、返金可能期間中はこれを使い続ければ紛失の恐れもないのでそうするといいと思います。

最後に:実際の返金の流れをイメージ

はい、ここまで絶対に抑えるべき返金の3ポイントを紹介してきましたが、
残念ながらやっぱり返金や~となった時にする行動を具体的にイメージしておきましょう。

返金の手順1:返品依頼フォームを記載

モットンの返品依頼フォームは紙ではありません。
ネット上で行います。

公式サイト上にもリンクがあるんですが一応ここでも紹介しておきますね!
モットンの返品フォーム

フォームと言ってもアンケートに答える流れなので別に苦痛はありません。
これが返品される人のデータとして取集されて、今後の商品開発に生かされるのでしょう。
あなたは返品となりますが、少しでも多くの腰痛さんを助けるためにも協力してあげましょう(笑)

尚、回答する内容は以下の6つであり、それも選択式で簡単にできるものです。
最後の質問のみ、文章の入力があります。

  • マットレスの硬さはどうでしたか?
  • マットレスのニオイは気になりましたか?
  • どのぐらいの頻度で、マットレスを立てかけたり、陰干ししましたか?
  • マットレスを使用する際に、どのような状態で使用しましたか?
  • あなたが日常生活で悩んでいる事はなんですか?
  • 返品理由を教えてください。また商品・サービスに関して、改善した方が良いと思う点があればお書きください。

そして上記アンケートの回答が終われば、
最後にこちら側の情報を入れて終了となります。

  1. ご購入時のメールアドレス
  2. ご購入者様のお名前(姓・名)
  3. ご購入者様の電話番号
  4. 返品の際に利用した運送会社
  5. 返品の際の配送番号
  6. 返品される商品名と点数
  7. 商品がご自宅に到着した日
  8. 必要一式(本体、専用カバー、保証書)は揃っていますか?
  9. 返金先銀行名
  10. 支店名
  11. 預金種別
  12. 口座番号
  13. 口座名義

返品に必要となる3つを用意!

返品・返金の為に絶対に必要になるこの3つを揃えてください。

  • 商品そのもの
  • 保証書
  • カバー

モットンは無くしようがありませんが、あとの2つは3か月も前なら紛失していてもおかしくはありません。
ですが保証書は再発行できませんし、無くしているなら完全にアウトです。

返品しようとしている今、この3つがちゃんと用意できるか最終チェックしてくださいね。

意外と盲点?こちら負担の送料を確認

返品保証でもさすがに向こうへの商品配送料は購入者負担となります。
90日使ってそこも無料で!は虫が良すぎる話ですからね。
これくらいは負担しましょう。

モットン公式ページでも以下のような記載があります。

返金の場合、配送手数料・代引き手数料・銀行振込み手数料・印紙代・商品返品の際の送料はお客様ご負担となりますので、あらかじめご了承下さい。

印紙代は5万円以上の購入を購入した方だけに該当する部分です。
尚、商品を送る先は以下になります。

〒916-0018
福井県鯖江市幸町2-115
㈱いしい内 株式会社Green Works 配送センター

どの業者を使うかにもよりますが、5,000円くらいの配送料はかかるでしょう。

こうやって考えると返品にもお金と手間がかかるな~と思いますが、
普通は他のメーカーではお客様都合の返品・返金は受け付けてくれないことが圧倒的に多いです。
その点を考えると実はかなり消費者を大事にしているメーカーである、と言ってもいいと思います。

梱包方法は自由!

ぶっちゃけ、返品の為の梱包が一番面倒だと思います。
ただ梱包方法に指定はなく、お客さんの自由でOKです!というのがモットンスタイル。
なのであなたがやりやすい梱包方法でやってしまってください。

理想を言えば商品到着時の箱をそのまま保存しておいて、
同じようにこれに詰めることだと思います。
これが最もコンパクトにできる方法でしょう。

モットンが家に届いた時の箱、梱包

ですが現実問題としてこの箱を保存している人は少ないのではないでしょうか。
かと言って段ボールを用意するとしてもうまく入るだけの大きなサイズのものは簡単には用意できません。

そんな時は配送業者に言って梱包も一緒にやってもらうのが手間が省けます。
当然ながらお金もちょっとかかりますが、この工程を自分で何とかするのは本当に疲れそうなので止めたほうがいいですね。

ヤマトのらくらく家財宅急便

クロネコヤマトでは大きな荷物の引き取りと同時に梱包を行ってくれる「らくらく家財宅急便」というサービスがあります。
モットン返送の際はこれを使ったらどうかと思いますね。

料金表も公開されていましたが、私の済んでいる神奈川からだと、福井まで送って2,000円くらいかな~という感じでした。
返金される額もそれなりに大きいですし、これくらいならヤマトさんに代行してもらってもいいと感じます。
らくらく家財宅急便

腰痛のあなたに本気でおすすめのマットレス情報がココに!