1. ホーム
  2. ぎっくり腰対応
  3. ≫横向き+枕の高さも意外とぎっくり腰では気を付けたほうが良い(かずたかさん)

横向き+枕の高さも意外とぎっくり腰では気を付けたほうが良い(かずたかさん)

ぎっくり腰は辛いものです。
以前重い荷物を運ぼうとして持ち上げた途端、腰に激痛が走りました。いつもの作業でしたので腰を痛めた時はぎっくり腰ともわからず、ただただ家で安静にするだけでした。湿布を貼り寝る生活を続けていましたが、なかなか治らず歩くこともままならなかったため病院で診察を受けました。

診察の内容は「ぎっくり腰」。ショックでした。いつも噂やテレビでみて知ってはいましたが、まさか自分がなるなんて、そんな気持ちでいっぱいでした。

寝るときが最も辛く、寝返りを打つことが苦しかったです。私の場合は横向けの状態が最も安定して休めることができました。仰向けでは腰が思うような位置に落ち着くことがなく、大変でした。

皆さんに気をつけていただきたいのは寝る状態もそうですが、枕の高さです。意外に枕の大きさ、高さが重要だと感じました。私ごとですが、枕が低いと首が休憩できなく、その分腰の力で寝る状態を調整してしまうので、枕はある程度高いもの。首がリラックスできるものを選んでください。そして大きさについてですが、寝返りを打つときに枕が小さいと首が枕から落ちてしまいそのとき人によっては激痛が走ると思います。大きさが足りないならクッションで代用するなり、布団で面積を広げるなりの手を打つことをお勧めします。

※かずたかさん42歳のぎっくり腰体験談でした。
辛いぎっくり腰の対応策として以下もぜひお読みください。
ぎっくり腰になった時の寝方と、寝返りの辛さを軽減するおすすめマットレス