1. ホーム
  2. ぎっくり腰対応
  3. ≫ぎっくり腰で寝る時の私の姿勢&寝帰りの辛さ(はこたんさん)

ぎっくり腰で寝る時の私の姿勢&寝帰りの辛さ(はこたんさん)

今までで2回くらいぎっくり腰をしました。
寝る体勢は、えびのように背中を丸めて横向けに寝るのが良い姿勢だったと思います。
ヒザはなるべく胸の近くにもっていきます。体育座りのとき両手で組むように、ヒザ下に片手を入れてるとなんだか安心します。
しばらく経てば床との接地面が痛くなってくるので、左右逆で向きを変えます。

向きを変えるときは、すごく痛いのでちょっとずつゆっくりと体を動かします。寝返りは本当に一苦労です。痛いのをわかっててガマンして「痛い!」と叫びながら寝返ってました。叫ばないと、痛すぎて本当にやってられません。それか、寝返るタイミングとトイレに行くタイミングを合わせて同時に行うようにしていました。本当に自力でこれができないほど痛いときは、家にいる家族に体を持ち上げてもらって、寝返ることもありました。

普通に足を伸ばして仰向けに寝るのは、できません。無理です。ぎっくり腰の時は背中からお尻までずっと筋肉が緊張して硬直していて、体の背面は床と接地させることができないからです。

私は妊娠の可能性があったので市販の湿布が貼れなかったので、寝ているときは貼るカイロを腰に貼ったら痛みが緩和されました。温めると血行がよくなってきていいみたいです。人によっては湿布で冷やしたほうが痛みが取れる場合もあるみたいです。

※はこたんさん40歳のぎっくり腰体験談でした。
辛いぎっくり腰の対応策として以下もぜひお読みください。
ぎっくり腰になった時の寝方と、寝返りの辛さを軽減するおすすめマットレス