1. ホーム
  2. ≫ぎっくり腰に良い寝方と、寝返りの辛さを軽減するおすすめマットレス

ぎっくり腰に良い寝方と、寝返りの辛さを軽減するおすすめマットレス

gikkuri2

このページの要点まとめ
  • ぎっくり腰になった時の寝方としてはうつ伏せでもなく仰向けでもなく、腰を軽く曲げての横向けが良い。
  • マットレス等の下に敷く寝具は適度に硬く、耐圧分散され寝返りも極力自然に打てるものを準備!(当サイトでは特にモットンを推奨)

ぎっくり腰になっている方は痛感していると思いますが、寝方として最も楽なのは横向きの姿勢をキープすることです。で、軽く背中~腰を丸めるようなイメージですよね。

これは理論的にどうこうよりも、実際にぎっくり腰になれば感じるはず。
うつ伏せや仰向けなんてとてもじゃないですができないと思います。
恐らく病院や整体院なんかに行っても寝る時の姿勢としてはこのスタイルを推奨されるはずですね!

ここでは就寝前の意識としては誰でもできるんですが、
睡眠に入った後にこの寝方をキープできるかというとそれは別問題であり、どうしても寝返り問題にぶち当たると思います。
寝返りは無意識のうちに人間がしてしまうものであり、その後に痛みで飛び起きるまで意識できません。
(重症の場合は寝返りの前に腰をひねった時点で気が付きますが)

じゃあどうするか、というと、少しでも腰に負担のかからない、また自然な形で寝返りが打てる寝具を用意するに限ります。
ぎっくり腰での睡眠ではこれがだいぶ楽になることもあるのです。

ぎっくり腰の時のマットレス、布団の硬さ

柔らかいものはほぼほぼ間違いなく辛さを憶えるはずです。
人によってはマットレスの下に硬い板を敷く、などの応急処置をする人もいるくらいです。

柔らかいマットレスや布団は健常者にとっては寝心地を豊かにするプラスの要素に働きますが、ぎっくり腰となるとそれが逆にマイナスに作用してしまいます。腰が背中や脚と比べて下に沈み込みますから、腰に負担がかかり続けるのは明白です。

少しでも痛みを軽減したいなら”適度に硬いマットレス”を選ぶべきですね。
硬くても腰が沈むようなものはNGなので、耐圧を分散してくれる高反発系がベストです。

寝返り対策

人間は血行や筋肉の凝りの予防のために自然に寝返りをする動物ですが、特にぎっくり腰初期のことは寝返りはできないと思います。
腰を丸めて膝を曲げるような感じにすると不用意な寝返りを防げますね!

ですが若干でも症状が落ち着いてきて寝返りを打とうした際、腰に負担がかかるような寝具を使っているとそれがきっかけで腰痛が悪化する可能性もそれなりにあるでしょう。
特に、ちょっとでも寝返りにしにくさや痛さを感じる場合は要注意が必要かと思います。
少なくともその辺で売っているような普通のマットレスや敷布団、また低反発系のものは良いとは言えません。低反発系は特に良くないですね。

で、寝返りが打ちやすいというのは硬さのところでも前述しましたが、やっぱり適度に硬いというのがキーポイントになります。
寝返りは避けては通れない以上、どうやってここをサポートするかが大事なわけですね。

管理人のおすすめ

ぎっくり腰になってしまった場合の寝具選びとして管理人がおすすめするのはモットンです。
マットレス「モットン」の詳細

当サイトでも腰痛持ちさんに一番おすすめしているアイテムですが、他の商品と比べて激厚すぎず重すぎずというのが良いと思います。

腰痛になってしまった以上、マットレスを毎日起こしたり移動したりということはないかもしれませんが、それでも重い寝具は移動が大変であり、その意味では雲のやすらぎではちょっときついかな、というのがあります。
仮に家族がいて看病してくれる方が居ても少しでも軽いほうがいいと思います。

ぎっくり腰経験者の寝方や寝返りに関してのアドバイス

やっぱり実際にぎっくり腰になってみてはじめて分かるその痛みですが、腰痛用のマットレスを準備するのは大前提として、それ以外にはどういった姿勢での寝方が良かったのか、寝返り対策はどうしたいのかを経験者の方5名に聞いて文章でまとめていただきました。

ぎっくり腰は急性のもので且つすぐには治るものでもありませんので、以下の意見を少しでも参考にして就寝時の参考にしてみてください。

ぎっくり腰で寝る時の私の姿勢&寝帰りの辛さ(はこたんさん)
だんご虫の格好での寝方がぎっくり腰を乗り切る秘訣!クッションや座布団も良い(ゆかりさん)
横向き+枕の高さも意外とぎっくり腰では気を付けたほうが良い(かずたかさん)
ぎっくり腰だとマットレスの柔らかさがダメ!寝返りもしない方がいい(てんぷらさん)
くしゃみ1つでぎっくり腰に!条件付きだがうつぶせが楽だった(さくらさん)